読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長尾大だけどエイメイ

美白の化粧品であることを正式に謳うには、薬事法を制定している厚労省に許可された美白の物質(ほとんどがアルブチン、コウジ酸の2つ)を含んでいる必要があるのだ。

メイクの短所:皮膚への影響。毎日煩わしくてたまらない。メイク用品代が結構かかる。物理的刺激で皮膚が荒れる。お直ししたり化粧する時間が勿体ないこと。

UVを浴びたときにダメージを小さくする方法は3つあります。1.日焼けして赤くなっているところを冷却する2.いつもより多めに化粧水をはたいてきちんと潤いを保つ3.シミにさせないためにも剥がれてきた表皮をむいてはいけないのでそのままにしておく

20才を過ぎてから発現する難治性の“大人ニキビ”の症例が徐々に多くなっている。もう10年間もこういった大人ニキビに苦痛を感じ続けている多くの患者が専門クリニックを訪問している。

アトピー性皮膚炎とは、アレルギーのような反応と関係性のある状態の中でもお肌の継続的な炎症(掻痒感など)が伴うもので要は過敏症の仲間だ。



ドライスキンとは、肌(皮ふ)の角質細胞間脂質と皮脂分泌の量が通常のレベルよりも下落することで、肌(皮ふ)にある潤いが失われ、お肌の表面がカサカサになる状態のことです。

ピーリングは、役目を果たした不要な表皮を専用化粧品などでピール(peel:皮を剥くの意味)し続けることで、新しいキメの細かい肌に入れ替え、ターンオーバーを促す外からの美容法です。

審美歯科(しんびしか)とは、美に焦点を当てたトータルな歯科医療分野のひとつ。歯の役目には物を噛むなどの機能面と、清潔感を与えるなどの審美的な側面があり、両者ともに健康面においては大切な要素であることは周知の事実だ。

ちくび くろずみ
左右の口角が下がっていると、肌のたるみは確実に酷くなります。キュッと口角を持ち上げて笑顔を見せれば、たるみ予防にもなるし、何より見た目が美しくなりますよね。

デトックス」術にリスクや問題は無いのだろうか。そもそも身体に溜まってしまう毒素とはどのようなもので、その「毒素」は「デトックス」の力で流せるのか?



頭皮の手入は別名スカルプケア(scalp care)とも名付けられているお手入れ方法です。頭皮(スカルプ)は髪の毛の問題の代表である抜け毛や薄毛などにとても深く繋がると供に、顔のたるみにも影響しています。

さらに日々の生活のストレスで、心にまでも毒はどんどん積み重なっていき、身体の不調も引き起こしてしまう。「心も体も毒だらけ」というような感覚こそが、多くの人をデトックスへと駆り立てる。

皮膚の細胞分裂を活発にして、お肌を再生させる成長ホルモンは日中の勉強などの活動している途中では出なくて、夜に身体を休め安らかな状態で分泌されると言われています。

大方の場合慢性化するも、最適な加療により病状・病態が抑制された状態に保たれれば、自然に治ってしまうことが可能な疾患だと言われている。

例えば…今、PCを見ながら頬杖をついているのではないでしょうか?このクセは掌の圧力を目一杯頬に伝えて、皮膚に余計な負担をかけることに繋がっているのです。